スケジュール作成

3日目 帳簿【売掛金元帳・買掛金元帳】

簿記検定ニュース 簿記2級

合格TVの使い方 ♪200万回再生 達成♪

まずはレジュメを取り寄せ、勉強の準備をしてください。レジュメの準備はこちらから。

「問題を解いてください」などの指示があればビデオを一時停止して問題を解いてください。

今日の勉強を終了する前に「お気に入り」に追加しておくと、続きから勉強を始める時に便利です。

【PR】 就職するなら応募書類が最重要!
「ジョブカード」を作ろう!

問題集 <34>商品有高帳

■ 問題 1 ■

下記の取引を参考にして、当社の得意先元町商店に関する10月分売掛金元帳を完成させなさい。

 10月1日 元町商店の9月末の売掛金未回収額は35,000円であった。

    5日 元町商店に商品150,000円を販売して、50,000円は元町商店振出の小切手を受取り、残額は掛とした。

   10日 仕入先に対する買掛金50,000円を決済するために、元町商店宛為替手形を振出し、元町商店の引受を得て仕入先に渡した。

   15日 5日に販売した商品に一部欠陥があるため10,000円の値引きをして掛代金と相殺した。

   26日 元町商店に商品80,000円を販売して、代金は掛とした。

 

■ 問題 2 ■

次の取引により、答案用紙の売掛金元帳(神戸商事)への記入を示し、7月31日付けで締め切りなさい。

  7月1日 売掛金の前月繰越高は500,000円(内訳:神戸商事300,000円、兵庫商店200,000円)である。

    8日 神戸商事に商品280,000円を売り渡し、代金は掛けとした。

   17日 神戸商事に対して8日に売り渡した商品の中に不良品があり、36,000円分が返品された。なお、代金は同店に対する売掛金から差し引いた。

   23日 神戸商事に商品400,000円、兵庫商店に商品620,000円をそれぞれ売り渡し、代金は掛けとした。

   30日 神戸商事に対する売掛金900,000円、兵庫商店に対する売掛金500,000円を、それぞれ先方振出しの小切手で回収し、ただちに当座預金に預け入れた。。

問題集 <35>買掛金元帳

■ 問題 1 ■

次の取引を解答用紙の買掛金元帳(東灘商店)に記入し、月末にこの帳簿を締め切りなさい。

  9月1日 買掛金の前月繰越高は¥660,000(須磨商店¥300,000、東灘商店¥360,000)

    4日 東灘商店から商品¥120,000を掛で仕入れた。

    9日 上記商品のうち、¥12,000を品違いにより返品した。

   15日 須磨商店から¥160,000、東灘商店から¥200,000の商品を掛で仕入れた。

   28日 東灘商店へ下位掛代金のうち¥300,000を、小切手を振り出して支払った。

 

■ 問題 2 ■

次の取引により、答案用紙の買掛金元帳(大石商店)への記入を示し、4月30日付けで締め切りなさい。

  4月1日 買掛金の前月繰越高は420,000円(内訳:大石商店220,000円、春日商店200,000円)である。

   5日 大石商店より商品300,000円を仕入れ、代金のうち100,000円は現金で支払い、残額は掛けとした。

   8日 大石商店より7日に仕入れた商品について10,000円の値引きを受け、掛け代金より差し引かれた。

  16日 大石商店より商品350,000円、春日商店より商品190,000円をそれぞれ仕入れ、代金は掛けとした。

  25日 大石商店に対する買掛金600,000円、春日商店に対する買掛金140,000円を、それぞれ小切手に振り出して支払った。

印刷用のPDF(問題と解答)はこちらから

 

Copyright (C) 合格TV

Copyright (C) All rights reserved.
映像・記事・写真の無断転載を禁じます。