スケジュール作成

簿記2級無料講座 1日目のまとめ

簿記検定ニュース 簿記3級

♪お取り寄せ 10,000名 達成♪

レジュメ

以下からレジュメを取り寄せて下さい。
簿記2級 商業簿記・工業簿記レジュメ(PDF)

簿記検定
ニュース

独学・通信講座と通学  試験日と合格率
専門学校  おすすめテキスト  勘定科目一覧

検定情報

簿記検定の 合格発表 と 受験申し込み

講座一覧

簿記3級  簿記2級  行政書士  公務員
宅建(宅地建物取引士・宅地建物取引主任者)

合格TVの使い方 ♪200万回再生 達成♪

「日商簿記2級」の受講は無料です! 日商簿記2級の理解には、日商簿記3級合格レベルの知識が必要です。

まずはレジュメを取り寄せ、勉強の準備をしてください。レジュメの準備はこちらから。

「問題を解いてください」などの指示があればビデオを一時停止して問題を解いてください。

今日の勉強を終了する前に「お気に入り」に追加しておくと、続きから勉強を始める時に便利です。

【PR】 就職するなら応募書類が最重要!
「ジョブカード」を作ろう!

簿記2級無料講座 1日目のまとめ

今まで見てきた内容を、少し振り返ってもらいたいんですが、何をずっと見ていったのかというと、貸借対照表の資産に関わるもの、当座預金、手形、有価証券、そして固定資産、繰延資産。貸借対照表に書かれる資産の項目、これをずっと見ていった訳です。B/S、貸借対照表、今まで確認してきたのは、貸借対照表の左半分、資産の項目をずっと見てきました。

この資産、確かに大きなくくりでは資産と言いますが、2級からは細かく分解されていきます。大きく分解をすると、3つです。流動資産、固定資産、そして繰延資産。実は今まで講義として進めていったのはこの順番で見ていった訳です。今回現金はありませんでしたが、現金とか、あと当座預金、手形、受取手形ですね。こういったものは流動資産と言われる項目です。固定資産については有形固定資産、無形固定資産とに分かれていく。そして繰延資産。このように細かく分解されていきます。それぞれの項目については、また後ほど触れる機会がありますので、今はざっくり、貸借対照表の資産ってこの3つに分かれるんだなと、それぞれの特徴としてはこういったものが該当するんだな、という程度で押えてもらったら結構です。

以上で資産の項目が終了となります。当座預金、手形、有価証券、そして固定資産。それぞれの項目で何が重要だったのか、もう1度振り返って確認をして下さい。そして過去問、特に仕訳問題ですね、過去問の仕訳問題を出来るだけ早く解答して、慣れていくようにしてみて下さい。

Copyright (C) 合格TV

Copyright (C) All rights reserved.
映像・記事・写真の無断転載を禁じます。